製造工程

どのような工程を経てポーランド陶器が作られるのかを簡単にまとめました。陶土の採掘からブレンド、空気を抜く作業などは採掘工場で行われますが、それ以降は各メーカーによって一つ一つが手作業によって行われていきます。







近郊の採掘場

その脇にある陶土の工場(写真:Czerwona woda)

不純物を丁寧に取り除く

空気を除いて水分調整された陶器用の陶土
採掘所で作られた陶土は、製造所に運ばれ、陶器に姿を変えます。


棒状や板状の粘土

石膏型による成形

シンプルな形は型押しでの成形

複雑な形は液状の粘土を石膏型に流し込み成形

石膏型から外し、型の跡などを滑らかに磨きます。そして、半乾きのうちにマグカップの取っ手やふたの持ち手などのパーツを取り付けます。取っ手に液状の粘土を浸けてボディにぴったり取り付けていきます。

石膏型から外す

ナイフで型の跡を削り滑らかにする

半乾きのうちに持ち手などのパーツに液状の粘土を糊にしてしっかり取り付ける

湿らせたスポンジで表面を磨く


陶器の成形後、しっかり乾燥させた後、800度前後で素焼きにします。これにより強度を高め、絵付けをしやすくします。


成形後、しっかり乾かす

800℃前後で素焼き


スタンプや筆による手描きなど、様々なパターンの絵付けがなされます。スタンプの場合は、もともと海綿が使われていましたが、現在は少し強度のあるウレタンも使われているようです。この模様のついたスポンジは、ナイフによって削って作られたり、レーザーによって作られたりしています。


職人がひとつひとつに手作業で絵付け

多種類のスタンプ!

絵付け用の絵具

筆で描かれる柄も

絵付けの終わったものは、ひとつひとつ釉薬に潜らせていきます。焼き上げの際に、台に接着する部分の釉薬は拭き取られます。スプーンなどは、持ち手にあなを和えて吊り下げて焼いたりもします。


ひとつひとつ釉薬に潜らせ

食器の形状や大きさによってはスプレー状の釉薬掛け

高台部分の釉薬を拭う作業

1200〜1300℃の高温で本焼きし、出来上りです。


釉薬掛けの終わったものを並べる

窯に入れられ

できあがり
PAGE TOP