ポーリッシュポタリーの特徴

ハンドメイド

ポーランドのボレスワヴィエツとその周辺の地域で製造されているポーリッシュポタリー(ポーランド食器)は、大小様々な陶器メーカー(製造元)によって作られています。


同一地域から産出された陶土を使い、昔ながらの手法と製造工程を経て形作られ、海綿などに模様を彫ったものをスタンプするなどの手作業での細かな絵付けが施され、高温で焼き上げられるという共通点持っています。

各工程で一つ一つの陶器に職人による手が加えられ、なかでも職人による絵付け作業は最も手間と時間がかけられています。

数多くの柄と形

形においてもテーブルウェア用の様々な形体があり、サイズも小さなものから大きなものまで豊富です。小さなボウル類は小鉢として、大きめの中鉢や盛皿として相応しいものも多く、和食との相性がとても良いことも特徴的です。

その他、置物、花瓶、植木鉢、ソープディッシュ、ユテンシルホルダー、ペット用のボウルなど食器以外のフォルムも色々と作られています。

詳しくはこちら 〉

丈夫で安全

それぞれの陶器は800度前後で素焼きされ、絵付け後、釉薬にくぐらせてから1200~1300度で焼き上げられます。有害な物質は一切使われていない、電子レンジ、オーブン、そして食洗機にも対応している丈夫で扱いやすい食器です。

またこれらは、EU指令に基づいた食品用安全基準(1935/2004)を満たしています。

さらに、日本への輸入に際しては厚生労働省の管理する食品衛生法の検査が義務付けられていますので、二重に安全性が確認されています。食器内側の絵柄の有無に関係なく、安心して使えます。

詳しくはこちら 〉

受注生産品

膨大な絵柄と形を持っているハンドメイド陶器であるため、各製造元は在庫を持ちません。全てが流通業者の発注によって製造される受注生産品。商品が注文されて製造されるまでには3ヶ月以上(製造元によっては半年以上)かかります。それらが海上輸送によって日本に到着するまでに約2か月。食品検査や通関などの諸手続きを経るため、ひとつの商品が日本に来るまでには半年以上かかることになります。


迷っている間に売り切れてしまった、というお声もよくいただきますが、ご希望の商品が再入荷されるまでにとても時間がかかってしまうのは、受注生産品であるという事情によります。

歴史

ドイツ国境に近いポーランド南西部の町ボレスワヴィエツ(Bolesławiec)とその周辺で作られる陶器は、アメリカでポーランド食器の代表的な食器として「ポーリッシュポタリー」と呼ばれるようになりました。

この地域に流れる2つの川(クフィサ川とブブル川)の流域は良質な陶土に恵まれたことから、14世紀ごろから陶器製造が始まったといわれています。

こんにち知られているポーリッシュポタリーはスタンプによる絵付けの技法を基盤としているのですが、この技法が確立した経緯は2度にわたる大戦を通してドイツの侵攻があったことと大きく結びついています。第一次世界大戦から第二次世界大戦にかけてボレスワヴィエツは一時的にドイツ領となり、この時に移住してきたドイツ人がこの地域の陶器産業を礎にして陶器製造会社を設立しました。この会社が考案した海綿を使ってスタンプする絵付けが、現在のボレスワヴィエツ陶器に受け継がれその製法の特徴となったのです。

第二次世界大戦後ボレスワヴィエツがポーランドに返還され、また国家体制が社会主義に移行したことによりほとんどの陶器製造会社が国営化されました。やがて多くのドイツ人がボレスワヴィエツの地を離れ、作り手がポーランド人で占められるようになりました。

そして、社会主義体制が終わりを告げた1990年代始めに、ドイツに駐留する米軍の家族たちがドイツ国境を越えてボレスワヴィエツへ旅行に出かけるようになり、それがきっかけでボレスワヴィエツ陶器が注目され始めました。その後軍人の家族がアメリカ本国へ帰る際に食器を多く持ち帰ってホームパーティなどで使用したことからアメリカで一気に人気が高まったのです。

さらに2000年にかけて、ボレスワヴィエツの陶器製造会社は大きく変貌を遂げます。ドイツ領だった頃の伝統的な製法と絵柄を踏襲しつつ、細かい絵付けができるように海綿だけでなくウレタンを使うなどさまざまな新しい試みを重ね、柄の多様性、芸術性を高めるだけでなく、その品質と安全性で市場から高い評価を得て、ポーランドを代表する陶器として世界的に認知されるようになりました。

特徴

ポーランドのボレスワヴィエツとその周辺の地域で製造されているポーリッシュポタリーは、大小様々な陶器メーカー(製造元)によって作られています。

同一地域から産出された陶土を使い、昔ながらの手法と製造工程を経て形作られ、海綿などに模様を彫ったものをスタンプするなどの手作業での細かな絵付けが施され、高温で焼き上げられるという共通点を持っています。

各工程で一つ一つの陶器に職人による手が加えられ、なかでも職人による絵付け作業は最も手間と時間がかけられています。
伝統的な柄、メーカー独自のユニーク柄、絵筆を多用したアート柄など数限りなく沢山の絵柄があります。スタンプのみによる絵付け、手描きとの組み合わせの柄、絵画調に手描きだけで描かれた柄など様々な手法が駆使されています。

そして、それぞれの製造元では、専属のデザイナーが腕を競って日々新しい柄を開発し、その数は数百から多い所では数千にのぼります。

また、形においてもテーブルウェア用の様々な形体があり、サイズも小さなものから大きなものまで豊富です。小さなボウル類は小鉢として、大きめの中鉢や盛皿として相応しいものも多く、和食との相性がとても良いことも特徴的です。

その他、置物、花瓶、植木鉢、ソープディッシュ、ユテンシルホルダー、ペット用のボウルなど食器以外のフォルムも色々と作られています。
それぞれの陶器は800度前後で素焼きされ、絵付け後、釉薬にくぐらせてから1200~1300度で焼き上げられます。有害な物質は一切使われていない、電子レンジ、オーブン、そして食洗機にも対応している丈夫で扱いやすい食器です。

またこれらは、EU指令に基づいた食品用安全基準(1935/2004)を満たしています。

さらに、日本への輸入に際しては厚生労働省の管理する食品衛生法の検査が義務付けられていますので、二重に安全性が確認されています。食器内側の絵柄の有無に関係なく、安心して使えます。

膨大な絵柄と形を持っているハンドメイド陶器であるため、各製造元は在庫を持ちません。全てが流通業者の発注によって製造される受注生産品。

そして、出荷されるものは基本的には各社それぞれの基準に合格した1級品だけです。柄が抜けていたり、釉薬がかかっていない部位などがあると、その程度に応じて2級、3級と格付けが行われます。

それら顧客に出荷できない製品は自社の直営店で売るか、アウトレットショップに卸され、当然価格安くなります。もちろん1級品も並んでいますが、それは顧客からの注文以上に作った際の余剰品として流通しているもの。そのため「この柄のこの形の器をください」とポーランドのお店に出向いても、それがあるとは限らないのです。

また、商品が注文されて製造されるまでには3ヶ月以上(製造元によっては半年以上)かかります。それらが海上輸送によって日本に到着するまでに約2か月。食品検査や通関などの諸手続きを経るため、ひとつの商品が日本に来るまでには半年以上かかることになります。

迷っている間に売り切れてしまった、というお声もよくいただきますが、ご希望の商品が再入荷されるまでにとても時間がかかってしまうのは、受注生産品であるという事情によります。

品質を記すためのシールは製造元によって基準が違います。貼らないところもあり色々です。以下その一例です。



絵付けについて

ポーリッシュポタリーの特徴のひとつでもある種類豊富な絵柄。ひとつの製造元で数百から多い所では数千という種類にのぼります。そして、それらは伝統的なパターン(絵柄)、複雑で緻密、多様な色使いのパターン、絵筆によって絵画的に描かれているアーティスティックなパターンなど多岐にわたります。

製造元によって、柄を3段階から5段階にクラス分けし、そのクラス毎に価格が設定されています。目安としては次の様なランク分けがされています。

伝統柄

伝統柄

ボレスワヴィエツ陶器に昔からある伝統的な柄を含み、シンプルなスタンプによる絵付けが中心となっています。

難度*
価格* 〉

ハイスタンダード柄

伝統柄やシンプルな柄と比較すると、多少手が込んだものや色数も増えている場合が多い柄です。

難度**
価格**

ユニーク柄

文字通り各製造元らしいオリジナルの柄が特徴で、印象的な優れた意匠も数多く見られます。

難度***
価格***

アート柄

絵筆を多様しているもの、ユニーク柄よりもさらに手の込んだ緻密度や色使い、絵画的な要素の高いアーティスティックなデザインです。

難度****
価格****

ポーリッシュポタリーは、プリントによって柄付けされる量産品と違って、職人によってひとつひとつ絵付けされるハンドメイド製品であるため、絵付けされる手間と時間が同じフォルムでも異なります。そしてそれは価格に反映される、という特色があります。

絵付けを動画で見る

  • movie
  • Zaklady (伝統柄) 41
  • movie
  • Zaklady(ハイスタンダード柄)166A
  • movie
  • Wiza ユニーク柄 25A
  • movie
  • Zaklady ユニーク柄 DU60
  • movie
  • Vena ユニーク柄 U006
  • movie
  • Vena アート柄 A001

伝統柄 tradycyjne

シンプルなスタンプによる絵付けが中心となっています。ピーコックアイ、モスキートなどに代表される柄は各社が共通して作っている伝統的なものや、シンプルな構図、色数の少ないものなどです。多くの職人がこれらの柄を絵付けすることが出来る、シンプルな柄であるため比較的短時間で仕上がる、ということから価格も抑えられています。

ハイスタンダード柄 podwyższony standart

伝統柄やシンプルな柄と比較すると、多少手が込んだものや色数も増えている場合が多い柄です。伝統柄から派生したデザインや、伝統柄とユニーク柄の中間的な柄と言えます。

ユニーク柄 unikat

ポーランド語ではUNIKAT、英訳でユニーク「独特・独自」という言葉が当てはまるため、そう呼ばれています。文字通り各製造元らしいオリジナルの柄が特徴で、印象的な優れた意匠も数多く見られます。製造元を代表する柄は、このユニーク柄に多くあります。

柄はスタンプのみのものは緻密である場合も多く、色数も割合として多くなります。絵筆が使われる比率も高く、伝統柄に比べると絵付けの時間は長く、難易度も高くなります。そのため、価格は伝統柄の1.5倍から2倍程度に設定されています。

アート柄 artystyczne

各製造元が芸術性を追求している柄です。絵筆を多様しているもの、ユニーク柄よりもさらに手の込んだ緻密度や色使い、絵画的な要素の高いアーティスティックなデザインです。いわゆるデザイナーものと呼ばれるものが数多くあり、バックスタンプの脇にシグネチャーが入っています。

絵付けに費やされる時間も圧倒的に長くなり、色使いもさらに多様さが増します。また、絵付け出来る職人が限られていることもあり、価格は伝統柄の3倍ほどかそれ以上です。

製造工程

陶土の採掘からブレンド、空気を抜く作業などは採掘工場で行われますが、それ以降は各メーカーによって一つ一つが手作業によって行われていきます。

採掘場

陶土

近郊の採掘場で露天掘りされた陶土は、陶土を加工する専門の工場で、不純物を取り除き、空気を除いて水分調整され、陶器用の粘土として各製造元に運ばれます。

  • 粘土
  • 粘土
  • 粘土

成形

棒状や板状にして納品された粘土は、各製造元で陶器に姿を変えます。

  • フォーム
  • シンプルな形は型押しでの成形
  • フォーム
  • フォーム
  • 複雑な形は液状の粘土を石膏型に流し込み成形
  • フォーム

形成の仕上げ

石膏型から外し、型の跡などを滑らかに磨きます。そして、半乾きのうちにマグカップの取っ手やふたの持ち手などのパーツを取り付けます。取っ手に液状の粘土を浸けてボディにぴったり取り付けていきます。

  • ナイフで削る
  • パーツを取り付ける
  • 表面を磨く
  • ナイフで型の跡を削る
  • パーツをとりつける
  • 湿らせたスポンジで表面を磨く

素焼き

陶器の成形後、しっかり乾燥させた後、800度前後で素焼きにします。これにより強度を高め、絵付けをしやすくします。

絵付け

スタンプや筆による手描きなど、様々なパターンの絵付けがなされます。

スタンプはもともと海綿が使われていましたが、現在は少し強度のあるウレタンも使われているようです。この模様のついたスポンジは、ナイフによって削って作られたり、レーザーによって作られたりしています。

絵付けについて 〉

施釉

絵付けの終わったものは、ひとつひとつ釉薬に潜らせていきます。焼き上げの際に、台に接着する部分の釉薬は拭き取られます。スプーンなどは、持ち手に穴を開けて吊り下げて焼いたりもします。

本焼き

釉薬掛けの終わったものを並べて1200〜1300℃の高温で本焼きし、出来上りです。

  • 前
  • 後
  • BEFORE
  • AFTER

ご購入時にご一読ください

ポーリッシュポタリーは、昔ながらの手法でひとつひとつが手作業で作られているハンドメイド製品です。プリントされた絵柄とは異なるユニークな個々の違いや、量産品と違ったフォルムの個体差などが見られます。いずれも人の手仕事に由来するもので、それがこの食器らしい温かみであり最大の魅力となっています。

具体的には次の様な現象が見られますが、実用上まったく問題なく、ポーリッシュポタリーならではの味としてご理解ください。

製造工程について 〉

柄について

ポーリッシュポタリーはスタンプ押し、絵筆での手描き、またその組み合わせで絵付けされます。そして、それは職人の手によってひとつひとつ行われる作業で、この食器の最も重要な要素であると、製造元各社が位置付けています。スタンプや手描きの絵柄は、量産用の転写や印刷によっての絵付け(いわゆるプリントもの)とは異なり、同じ絵柄でもひとつひとつに違いが見られるところが大きな魅力です。

絵筆描きによる個体差

職人さんの筆使い、もしくは絵の具の量などによって微妙に柄の印象が異なることがあります。

色の濃淡

スタンプや絵筆による絵付けは、いずれも手仕事で、スタンプを押す圧や筆使いによって色の濃淡が生まれます。これがポーリッシュポタリー独特の表情になってきます。

スタンプの位置や間隔

手仕事でスタンプを押していくため、柄の間隔や位置が微妙に異なることがあります。

直線

フリーハンドで直線的なスタンプを押す場合は手仕事ならではの動きも生じます。

絵付けについて 〉
フォーム

形について

  • ボウル
  • 陶器は成形後、表面を滑らかにする作業なども一つ一つ手作業で行われています。そのため高台部分は完全な水平ではなく、完全な水平のテーブルトップ(ガラス面のテーブルなど)に置いた場合の多少のぐらつきが生じることがあります。
  • ボウル
  • 完全な円形や方形ではなく、多少の歪みや反りなども見られます。焼き上がりの収縮率の違いなどで同じ製品でも大きさにわずかな個体差があることもあります。これらもハンドメイドゆえの仕様となっています。

仕上がりについて

高台などの釉薬に覆われていない部分の小さなくぼみ、絵具とび、釉薬がかかっている部分の針穴程度の小さな穴、口の接触が想定されていない部分のざらつき、白地の部分にみられる水跡(薄いグレイのラインが入っているように見えます)、陶土粉の付着、細かな傷(ゼロはありえません)も見られます。

仕上がりについて

ヒビや割れと間違われやすい現象

ヒビや割れと間違われやすい現象ですが、製造上の仕様となっており、全く問題なく使用いただけますので、ご安心ください。

石膏型の跡

成形するための型を外した跡がうっすら見えたり、オーブン皿の裏面に溝状の窪んだ線が見られることがあります。また、液体粘土の流し込み口に針孔のような跡が見られます。

刻印

製造元によって様々ですが、製造工程において、作業や検査を行う際の確認の為に製品の裏側に番号の刻印を入れることがあります。同じ製品でも刻印の有るものや無いものがありますが、この有無と製品の品質等は関係がありません。

水跡

石膏型から外し、凹凸をなくす作業の中で、湿らせたスポンジで表面を均一にし細かな陶土粉を落としたりする工程があります。この時に表面に水跡が付き、絵付けの無い生地の部分に線のようにうっすらと見えることがあります。

返品について

これらハンドメイド製品の特徴を踏まえ、当店では品質に関しては入念な検査後に出荷しておりますが、明らかな不良品があった場合や破損・誤納品に関しましては、商品到着後7日以内にshopmaster@kersen.jp宛にメールにてご連絡ください。送料は当店負担にて責任を持って、交換、または返金させていただきます。

返品

なお、お客様都合の商品交換や返品に関しましては、ご使用前にシールが貼られた状態のまま、商品到着後7日以内にshopmaster@kersen.jp宛にメールにてご連絡ください。配送伝票または納品書に記載しております返送先まで、送料はお客様負担での返品にてお願いいたいます。

返品

PAGE TOP